最近の参加音源やライブ映像について

たまには近況などを。

GhostlightがオーガナイズしたNUMBER GIRL Tribute『Good-Bye School Girl』にM-10「Tattooあり」で参加しました(どうやらソロ名義の音源としては1年半振りとなるようです)。



僕は正にNUMBER GIRLドンピシャな世代でして、高校生の頃『SAPPUKEI』なんかはホントによく聴いたし、バンドでコピーしたくらいなのですが、まさか30歳を越えてこういった形でカバーすることになるとは思ってもいなかったですが、楽しくやらせていただきました。
試しに何曲か弾き語りで歌ってみたところ、いちばんしっくり来たのが「Tattooあり」だったのでこの曲を選びました。
でも正直原曲の記名性の強さ故にアレンジするのに相当難儀しましたが、Ghostlightさんの「黒っぽいアレンジで聴きたい」というリクエストを拠り所になんとか完成に漕ぎ着けることができました。
当初D'AngeloとかRobert Glasperあたりを意識して作りはじめたのですが、思いつくままに録り進めていったら大幅に脱線して(毎度のことですが)、なんだかよくわからないイルな仕上がりになってしまいました。
この参加者の中に混じるとだいぶ浮いてる気がしますが、僕のヴァージョンもこれはこれでおもしろいんじゃないかなと思うんで、是非聴いて欲しいです。

----------

そして、5/21に八王子papaBeatで行われたThe Bridge Booksファーストワンマンライブの映像(全5曲)がYouTubeで公開されています。



僕のヨレヨレの歌やベースを盛大にミスってる様等が克明に記録されてて非常に恥ずかしいわけですが、「それにしてもこのおじさんたち、ノリノリである。」といった楽しげな雰囲気だけは伝わるのではないでしょうか。
バンド編成(しかもまさかのベースヴォーカル)の「ゼロフリー」も、このバンドのために書き下ろした新曲「この街のこども」もここでしか聴けませんので是非!

 
 
 

The Bridge Booksファーストワンマンライブ

93回目のライブ終了しました!

仕事の都合でリハに参加できなかったため、開演からずっと不安と同時に高揚感に包まれていましたが、The Bridge Booksがはじまったらもう楽しさしかなかった!バンド楽しい!
自分の演奏はところどころ破綻していましたが、それでも3人で音を鳴らしていることを心底楽しんでいるのは伝わったはずだし、それだけ伝わればいいなと思っていました。

前座1人目、ストールンシネマ!
イーゼル」いい曲だなと改めて思った。今度こそThe Bridge Booksでもやりたい。

f:id:monohorn:20150521190712j:plain

前座2人目、ドラ之介!
ドラマーだけあって曲とギターからビートをバシバシ発してて、あととにかく歌がうまいんだよな。
彼にハモってもらえると曲がワングレード上がる。

f:id:monohorn:20150521195314j:plain

前座3人目、ホシナトオル!
見に来てくれたなんごーさん曰く「ちょうど良い閉ざし具合になってきた」とのこと。
結局閉じてるのか!

f:id:monohorn:20150522154134j:plain


そしてメイン、The Bridge Books!
アンコール無しならキレイに終われたのに!
正直今までやってきたどのバンドよりも楽しかった!
過去のバンドでの挫折と、ソロになって納得行く音源作ってひとりでも音楽をやれる自信がついたおかげで複数人で音楽を作っていく際の立ち振舞方がわかってきたことが大きい気がする。

f:id:monohorn:20150522143556j:plain

f:id:monohorn:20150522143525j:plain

f:id:monohorn:20150522143611j:plain

興奮のあまりメンバー全員papaBaetでメシ食うのを忘れたので、終演後車でずーーっと喋った後朝方のNAGAHAMA!
少食の俺以外のふたりは替え玉しすぎて死亡。

f:id:monohorn:20150522030112j:plain

----------

メンバーそれぞれソロでの活動がメインなのは変わらないので、今後このバンドでの活動がどうなっていくのかは一切未定ですが、また絶対ライブやります!やりたいんだよ!

The Bridge Booksファーストワンマンライブ、もとい実質3マンという茶番に付き合っていただき本当にありがとうございました!

set list
ホシナトオル
1.おばけよりこわい
2.自然体
3.ゼロフリー
4.寝ても覚めても
5.魔法瓶

The Bridge Books
1.いこまちゃん
2.ゼロフリー
3.君に会いに行く
4.この街のこども
5.シティライツ

en.
6.(クソカバー)
7.この街のこども(reprise)

 
 

油都市

92回目のライブでした。

阿佐ヶ谷OILCITYにてドラ之介presens Acoustic 3man LIVE "Three Face"というスリーマン企画。
出演は数馬、ホシナトオル、ドラ之介。
はじめて降りた阿佐ヶ谷の街は雰囲気が良くて、お隣の高円寺と同様すごく好きな感じ。
会場のOILCITYも雰囲気良くて、サイズ感もちょうど良かった。
共演のふたりも標榜するものがある音楽を鳴らしてて素敵だなと思いました。
僕はといえば、最近のいささか悲観的なモードが漏れ出てしまって、見せ物としてはとても褒められた出来ではなかったけど、MCですべり倒したおかげでヘンなテンションになってきて後半めっちゃ声が出て、気持ち良く歌えました。

皆様ありがとうございました。

set list
4/25(土)阿佐ヶ谷OILCITY 「ドラ之介presens Acoustic 3man LIVE "Three Face"」
1.ゼロフリー
2.おおきなこども
3.まだある
4.+1
5.リバーシブル
6.感覚の間隔
7.自然体
8.寝ても覚めても
9.魔法瓶

----------

そして、次のライブは来月5/21(木)、僕とドラ之介とたっつんa.k.a.ストールンシネマとで結成したバンド・The Bridge Booksのファーストワンマンライブです。
ワンマンだけど前座だけで1時間半ありますけどね。
はじめて人前でベースを弾き、しかもところどころ弾きながら歌わなきゃいけないという恐ろしくヤバイ案件ですが、それなりの期間練習を重ねたおかげで少しずつバンドというユニオンとして形を成しつつあります。
シンガーソングライターが寄り集まってパート替えして、たいしたスキルもないのに志向の異なる各々の楽曲を演奏してやろうなんて無茶なことをやってる人間はそうはいないと思うので、是非生で見てどんなもんか確認していただきたいと思います。
僕自身も楽しみにしております。
よろしくお願いします!

『The Bridge Booksファーストワンマンライブ』
5/21(木) 八王子papaBeat
Open 18:30/Start 19:00
¥1,500-(ドリンク別)

-前座-
ストールンシネマ
ドラ之介
ホシナトオル

-真打ち-
The Bridge Books(相京龍之介(Dr.Vo)、久永竜也(Gt.Vo)、星名徹(Ba.Vo))